直方市の文化財

石戈

せっか

拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
画像クリックで拡大表示されます。

さあ出かけよう!

基本情報

分野
考古資料・遺跡
所在地
福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
校区
新入小
時代
弥生時代 中期
出土遺跡
鴨生田遺跡
用途
武器・祭祀具
その他
直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

これナニ?

戈とは、木の柄に直角に刃部を取り付ける武器で、中国から伝わってきました。大きな鎌のような形をしており、戦いのとき、馬から人を引きずりおろす用途で使用されました。

ここがツボ!

銅や鉄が貴重だった弥生時代、金属器をまねした武器が石により多く作られました。石戈もその一つで、実用品から次第に祭祀(お祭り)のための道具へと変化していきます。実用品の時(朝鮮半島から伝来した時)は小さいモノでしたが、祭器の道具になるにしたがい、サイズが大きなものへと変化していきました。直方市からは鴨生田遺跡と下境の猪の久保遺跡などから見つかっています。この石戈は、長さ22㎝です。

もっと知りタイ

関連する文化財

前のページに戻る

Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.