• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 異形管玉(1)
  • 直方市の文化財

    異形管玉(1)

    いけいくだたま

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    新入小
    時代
    弥生時代 中期
    出土遺跡
    帯田遺跡
    用途
    装飾品(副葬品)
    その他
    現在は展示していません

    これナニ?

    ヒスイ製のアクセサリーで、表面と両側の3面に深い線がほられています。新潟県糸魚川産で、このようなきれいなヒスイは新潟でしかとれないため、はるばる直方まで運ばれ、権力の象徴としてお墓に入れられました。

    ここがツボ!

    長さ5.0㎝、幅2.9㎝、厚さ1.6㎝をはかる大きなものです。縄文時代には、勾玉の腹面から背面まで溝状の彫がみられる「緒締形勾玉」と呼ばれる勾玉があり、その伝統を引き継ぐものではないかと考えられます。県内でこうした勾玉の類似例はありますが、帯田遺跡ほど大きいものはあまり見かけません。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.