• ホーム >
  • お知らせ
  • お知らせ

    トップページ「学芸員おすすめの文化財」を更新しました

    2017年09月01日更新

    学芸員おすすめの文化財を筑前植木岡分流大名行列に更新しました。


     植木の地は、江戸時代、毎年大名行列が通過していました。
     なぜ植木に、このような行列が残り、お祭りが行われているのか…?様々な疑問の答えは…こちらをご覧ください。
     そして、今年(2017年)は、4年に1回の大名行列の開催年です!ぜひ、現地に足を運んでいただき、お祭りをご堪能ください!

    トップページ「学芸員おすすめの文化財」を更新しました

    2017年08月15日更新

    学芸員おすすめの文化財を日本最初のドレーガー式救命器 1907年製に更新しました。


     炭坑内での作業は、常に爆発や落盤などの事故と隣合わせの世界でした。安全第一が一番ですが、万一、炭鉱事故が起こった際は、特殊な訓練をうけた救護隊が現場に駆け付け救助活動を行いました。
     救助活動の時、この道具をどのように、何のために使ったのか。ぜひ推測していただき、詳細ページをご覧ください!

    トップページ「学芸員おすすめの文化財」を更新しました

    2017年08月01日更新

    学芸員おすすめの文化財を木造十一面観音坐像に更新しました。


     直方市は、古くから仏教文化の先進地でありました。その中でもこの観音様は、つくられて約700年もたつ、由緒あるものです。
     非常に立派な観音様ですが、常時見ることはできません。なんと、その公開は…年に1回なのです!
     毎年、8月17日にしか公開されない、非常に貴重な観音様。バーチャルミュージアムであれば、24時間365日、どこからでも見ることができます。ぜひご覧ください!

    トップページ「学芸員おすすめの文化財」を更新しました

    2017年07月15日更新

    学芸員おすすめの文化財を和鏡に更新しました。


     銅鏡は、弥生時代に日本に伝わってきました。権力者の持ち物として、お墓に多く納められました。直方市ではあまり見つかっておらず、大変貴重なものです。
     ぜひご覧ください。

    一度経験すると病みつきに【バーチャルミュージアムの楽しみ方】

    2017年07月06日更新
    バーチャルミュージアムでは、詳細ページの文化財写真を拡大・縮小して、装飾や模様、土器の土味まで鮮明に見ることができます。
     
    ★操作方法(詳細ページにも説明があります)★
     
    • 写真の上にポインター(マウスの矢印)をのせ、マウスのホイールを動かすと…文化財が拡大・縮小!
     
    • 写真を左クリックすると…画面いっぱいに文化財が表示!
     
    現実の博物館では味わうことのできない、バーチャルミュージアムだからこそできる醍醐味です!さっそくこの楽しみにトライ!
     
    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.