• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • ジブカッター(チェーン式コールカッター)
  • 直方市の文化財

    ジブカッター(チェーン式コールカッター)

    じぶかったー

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    石炭関係
    所在地
    福岡県直方市直方692-4(石炭記念館)
    校区
    直方西小
    時代
    大正時代
    その他
    石炭記念館新館にて展示中

    これナニ?

    石炭を掘る方法は、日々進化していました。最初はつるはしを使い、人間の力で掘り進んでいましたが、だんだんと機械が採炭の主役へと躍り出ます。これは、先端にチェーンのついた刃があり、そこが回転して石炭を掘るという機械でした。

    ここがツボ!

    明治末期から炭鉱掘削の機械化がはじまりました。コールカッターは、長壁式採炭に主に用いられた道具で、発破採炭をより能率化しました。炭層の下部を鋸のようなチェーンで削り、そのあと削岩機を用いて石炭を掘り出しました。動力は電力で、炭塵に引火しないよう防爆構造でつくられていました。それまで、地面にはいつくばって「つるはし」をふるっていましたので、労働者の負担はかなり軽減されたことでしょう。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.