• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 北島浅一『炭鉱婦』
  • 直方市の文化財

    北島浅一『炭鉱婦』

    きたじませんいち たんこうふ

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    石炭関係
    所在地
    福岡県直方市直方692-4(石炭記念館)
    校区
    直方西小
    時代
    大正時代
    その他
    石炭記念館本館にて展示中

    これナニ?

    女性の炭坑夫を描いた炭鉱の坑口付近で、明治末期~大正初期の風景と思われます。この作品は、太平洋戦争の最中に、消失してはならないと直方に移されたそうです。

    ここがツボ!

    作者の北島浅一は、佐賀県小城郡に生まれ、東京美術学校の西洋画科を卒業しました。その後、大正8年~大正11年までスペイン、ドイツ、オランダなどのヨーロッパ諸国を巡りました。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.