• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • トーマス油安全灯エバン
  • 直方市の文化財

    トーマス油安全灯エバン

    とーますあぶらあんぜんとうえばん

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    石炭関係
    所在地
    福岡県直方市直方692-4(石炭記念館)
    校区
    直方西小
    時代
    明治時代
    その他
    石炭記念館本館にて展示中

    これナニ?

    イギリスで発明された安全灯で、持ってみると非常に重たさを感じます。重たさは、安全灯のつくりのよさといってもいいのかもしれませんが、筑豊の炭鉱では、あまり普及しなかったようです。

    ここがツボ!

    油安全灯は煤が発生し、次第に暗くなるとともに、金網に付着した煤が熱せられ、外部のメタンガスに引火する可能性があるので、煤の出ないウルフ型の安全灯が開発されると、急速に置き換えられました。しかし、メタンガスが比較的少ないイギリスの炭坑では、ランニングコストの安い油安全灯が20世紀になっても使用されていました。あまり普及しなかったもので、鉱山監督局が比較のために入手したものの可能性があります。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.