• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 高取焼皿(3)
  • 直方市の文化財

    高取焼皿(3)

    たかとりやき さら

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    福地小
    時代
    江戸時代 前期
    出土遺跡
    永満寺宅間窯跡
    用途
    食膳具
    釉薬
    飴釉
    その他
    直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

    これナニ?

    焼く際に重ね焼をしていて、2枚の製品同士がひっついてしまった失敗品です。製品にならないものは、その場で廃棄され、失敗品ばかり集まった廃棄場ができあがります。

    ここがツボ!

    重ね焼の際、2枚の製品が釉薬によりひっついてしまっています。下になっているものは、口縁部が若干内湾する平縁の皿で、斜めにくっついているものは口縁部が波打っている縁なぶりといわれるお皿です。胎土には砂粒が多く含まれていて、粗っぽい印象を受けます。こうした失敗品は、その場で廃棄されますが、こうした廃棄場のことを物原と呼びます。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.