• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 高取焼茶入(6)
  • 直方市の文化財

    高取焼茶入(6)

    たかとりやき ちゃいれ

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市古町10-20(アートスペース谷尾)
    校区
    上頓野小
    時代
    江戸時代 前期
    出土遺跡
    内ヶ磯窯跡
    用途
    茶道具
    釉薬
    鉄釉
    その他
    アートスペース谷尾にて展示中

    これナニ?

    胴部が丸みを持ち、肩が張る茶入で、胴部に沈線が1条入っています。しかし、釉薬が分厚くかかっているため不明瞭です。外面全体に、焼成の際、窯の壁の土が多量に付着しています。

    ここがツボ!

    肩部より、頸部が沈み込む形態の肩衝茶入で頸部は短く、口縁部はわずかに外反しています。口径3.3㎝、器高6.6㎝、底径3.6㎝をはかり、底部露胎で、糸切痕が明瞭に残っています。
    内ヶ磯窯跡から出土した茶入は中国製の茶入を模倣し鉄釉をかけた「唐物写し」と呼ばれるものが大半です。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.