• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 陶器皿(1)
  • 直方市の文化財

    陶器皿(1)

    とうき さら

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    直方北小
    時代
    江戸時代 前期
    出土遺跡
    須崎町公園遺跡
    用途
    食膳具
    その他
    現在は展示していません

    これナニ?

    唐津焼と考えられる皿です。内面に白色の刷毛目で装飾を施したのち、緑色と茶色で植物の模様を描いており、古武雄と呼ばれる焼物です。口の直径26.4㎝、高さ6.3㎝をはかります。

    ここがツボ!

    古武雄と呼ばれる、17世紀前半の焼物です。唐津では、17世紀に白化粧土を用いて刷毛で装飾を行う刷毛目が流行しました。こうした刷毛目や白化粧土をキャンパスとして、鉄釉や銅緑釉を用いて豪快に松や花などを描くのが古武雄の特徴で、この大皿は典型的なものです。高取焼の「お膝元」である、東蓮寺城下町からこのような製品が出土するということは、高取焼だけでは消費地の需要をまかないきれなかったことを示します。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.