• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 高取焼椀(7)
  • 直方市の文化財

    高取焼椀(7)

    たかとりやき わん

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    上頓野小
    時代
    江戸時代 前期
    出土遺跡
    内ヶ磯窯跡
    用途
    茶道具
    釉薬
    飴釉
    その他
    直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

    これナニ?

    底部のみ残存していますが、高台部に非常に特徴を持った椀です。高台は深さ2~3㎜の溝を4方向に入れる割高台で溝と溝の間に「壬」か「王」の字が刻まれています。この他、底部に文字を刻んだものが複数出土しています。

    ここがツボ!

    胴部下半に強いロクロ痕により凹線をもち、下方は膨らみ、上半はやや内湾しています。高台は碁笥底で高台下にも幅約1㎝のくぼみをつけています。高台径5.7㎝で、その一辺に王か壬の文字を刻んでいます。釉薬は胴部下半に飴釉と思わる釉薬が掛かっていますが、風化が著しいため、詳細は不明です。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.