• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 陶器甕棺
  • 直方市の文化財

    陶器甕棺

    とうき かめかん

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    直方北小
    時代
    江戸時代 前期
    出土遺跡
    須崎町公園遺跡
    用途
    蔵骨器
    その他
    現在は展示していません

    これナニ?

    口の直径35㎝、高さ38.2㎝の甕棺で、中には乳幼児が埋葬されていました。外面には肩の部分に櫛描きで施文した後、鉄釉を3箇所に流しかけています。また、底部外面には、墨で文字が書かれています。

    ここがツボ!

    近世寺院の近辺や、境内には墓地がもうけられました。このお墓は、幕末頃のもので釉薬のかかった高級な甕を用いていることから、まだ幼いうちに亡くなった裕福な家の子どもを埋葬したものとみられます。甕の中には手まり2個が入れられており、幼い子どもを亡くした家族の悲しみが伝わってくるかのようです。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.