• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • ミニチュア石鍋
  • 直方市の文化財

    ミニチュア石鍋

    みにちゅあいしなべ

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    福地小
    時代
    平安時代 後期
    出土遺跡
    惣用遺跡
    用途
    容器
    その他
    現在は、展示していません

    これナニ?

    滑石という石でつくられています。口の直径7.2㎝、高さ4.7㎝の小さな入れ物で、中には小壺が入っていました。外面にはススが付着しており、実用品として煮沸等に使用されていた可能性も考えられます。

    ここがツボ!

    中世は、長崎県の西彼杵半島でとれる滑石製品が数多く北部九州で流通します。石鍋は調理器具として重宝され、多くの遺跡から出土します。小形のものは珍しいですが、博多遺跡群、箱崎遺跡などでも出土しており、身分の高い人の調理具、食器として用いられたものとみられます。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.