• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 天平婦人
  • 直方市の文化財

    天平婦人

    てんぴょうふじん

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    美術館関係 水彩
    所在地
    直方谷尾美術館
    校区
    直方南小
    時代
    明治時代
    作者
    青木繁
    その他
    水彩画

    これナニ?

    1882年福岡県久留米市荘島町に生まれる。1899年 上京 東京美術学校西洋画科入学 黒田清輝らの指導を受ける 藤島武二と共に明治浪漫主義の形成 1903年 第8回白馬会賞受賞 画壇デビュー 1904年 卒業後 第9回白馬会展と「海の幸」を発表 1907年東京府勧業展覧会 3等賞 1911年 逝去。

    ここがツボ!

    作者の青木繁は福岡県久留米に生まれ、数々のすぐれた作品を残し、28歳という若さでこの世を去りました。この絵のモデルは、天平風の衣装をまとい腰掛ける女性です「彼女は格子窓に寄りかかり、、うとうとと居眠りをしているようです。傍らにはさっきまで奏でていたであろう楽器(阮餡咸という中国の弦楽器と思われる)が描かれています。天平時代の風俗を描いた作品は、この絵以外にもいくつかあります。当時、正倉院宝物の調査、整理が行われたおり、彼の興味を引かれたのかもしれません。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.