• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 西徳寺の山門
  • 直方市の文化財

    西徳寺の山門市指定

    さいとくじのさんもん

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    建造物
    指定
    市指定文化財
    指定年
    1988年3月15日
    区分(1)
    有形文化財
    区分(2)
    建造物
    所在地
    福岡県直方市大字山部540-1(西徳寺)
    校区
    直方西小
    時代
    江戸時代
    その他
    西徳寺境内で常時公開

    これナニ?

    直方藩四代藩主長清公が居住していた御館山にあった藩主館の門を廃藩後、移築したものと伝えらえれています。門の屋根瓦には、黒田氏の家紋である藤巴が用いられています。

    ここがツボ!

    直方藩主御館絵図でいうと、西側の門を移築したと考えられています。薬医門と呼ばれる形態で、現在までに何度か部分的に修繕されてはいますが、元々の部材もたくさん残っています。
    みなさんも、どこが元々の部材か、実際に現地へ訪れて探してみてください。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.