• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 雲心寺墓地遺跡
  • 直方市の文化財

    雲心寺墓地遺跡

    うんしんじぼちいせき

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市大字山部560(雲心寺)
    校区
    直方西小
    時代
    江戸時代
    性格
    墓地
    遺構
    近世墓
    遺物
    銅製華瓶、銅製香炉、銅製燭台、白磁等
    現況
    墓地
    その他
    境内で石塔を見ることが出来ます

    これナニ?

    初代東蓮寺藩(直方藩)主黒田高政、2代藩主黒田之勝、4代藩主の妻や多数の藩士のお墓があります。藩主やその妻は、江戸で亡くなっており、お墓は東京にあり、雲心寺には供養塔が立てられています。見学の際は、お寺に一声かけて、ご見学下さい。

    ここがツボ!

    雲心寺には、初代藩主、2代藩主、4代藩主正室(2基)、家老(明石助九郎)等のお墓がありますが、初代藩主や2代藩主の石塔下には埋葬施設は設けられていません。4代藩主正室のお墓の地下には石室があり、蓋石の裏面にはそれぞれの事績が刻まれています。内部には華瓶、香炉、燭台のいわゆる三具足が埋納されており、遺髪を納めていたと考えられます。江戸中期の家老、明石助九郎は、備前焼の大甕に埋葬されていました。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.