• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 高取焼茶入(3)
  • 直方市の文化財

    高取焼茶入(3)

    たかとりやき ちゃいれ

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    上頓野小
    時代
    江戸時代 前期
    出土遺跡
    内ヶ磯窯跡
    用途
    茶道具
    釉薬
    鉄釉
    その他
    直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

    これナニ?

    口の直径3.1㎝をはかり、筒形をしています。肩部には貼りつけられた2個1組の耳(双耳)を持っています。首が短く、肩が非常に張っているのが特徴的な茶入です。

    ここがツボ!

    肩衝茶入と言われる肩部が張りだした形状の茶入で頸部は非常に短く作られています。肩部には粘土紐で2か所耳を貼り付けています。胴部中ほどには一条に沈線が巡り、上方には縦方向にヘラでへこみをつけています。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.