• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 高取焼鉄絵陶器片(群像)
  • 直方市の文化財

    高取焼鉄絵陶器片(群像)

    たかとりやき てつえとうきへん

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    上頓野小
    時代
    江戸時代 前期
    出土遺跡
    内ヶ磯窯跡
    釉薬
    土灰釉・長石釉
    その他
    直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

    これナニ?

    鉄絵は、従来唐津焼といわれていましたが、発掘調査の結果、高取でも作っていたことがわかりました。椀・鉢などの器種が出土していて、ぐりぐり文(同心円状)や植物などが描かれています。

    ここがツボ!

    鉄絵とは、酸化鉄を含む釉薬で絵付けをしたもののことで、絵唐津や絵志野が有名です。発掘調査の結果、内ヶ磯窯でも鉄絵陶器をつくっていたことが明らかになりました。ぐりぐり文の他に、木枝状の模様や葉っぱの模様、「とくさ」と呼ばれる植物を描いています。土灰釉や長石釉などの釉薬が絵付けの上からかけられています。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.