• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 高取焼椀(3)
  • 直方市の文化財

    高取焼椀(3)

    たかとりやき わん

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    福地小
    時代
    江戸時代 前期
    出土遺跡
    永満寺宅間窯跡
    用途
    食膳具
    釉薬
    木灰釉
    その他
    直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

    これナニ?

    口の直径11.6㎝、高さ5.9㎝をはかる茶碗です。木灰釉といって白色に発色しますが、この器は生焼け(きちんと焼成されていない)のため、釉薬の発色が悪くなっています。高台には重ね焼の際の胎土目跡が残っています。

    ここがツボ!

    茶入や茶椀などの茶器とは対照的に、椀や皿などの日用雑器は大量生産されていました。焼成の時にもその違いは顕著で、茶器は焚口に近い焼成室で1点1点丁寧に焼かれるのに対し、日用雑器は焚口から離れたところで重ね焼により焼かれていました。焼成の時、重ね焼した製品同士がひっつかないように、粘土を丸めたものを間に挟んだり(胎土目)、砂を敷いたり(砂目)します。この高取焼には、胎土目が高台に4ヵ所残っていて、うまく剥がせなかった失敗品です。こうした失敗品は、その場で廃棄されますが、こうした廃棄場のことを物原と呼びます。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.