直方市の文化財

染付碗

そめつけ わん

拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
画像クリックで拡大表示されます。

さあ出かけよう!

基本情報

分野
考古資料・遺跡
所在地
福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
校区
直方西小
時代
江戸時代 中期
出土遺跡
雲心寺墓地遺跡
用途
食膳具(副葬品)
その他
現在は展示していません

これナニ?

口の直径8.7㎝、高さ4.1㎝をはかる肥前産の染付碗です。外面には呉須で粟を描いており、呉須はやや暗い青色に発色しています。18世紀初頭のものと考えられます。

ここがツボ!

四代藩主長清公は、元禄8年(1695)に正室を迎えますが、翌9年には亡くなってしまいます。そこで、亡くなった妻の妹(実は従姉妹)を正室に迎えますが、10年後の宝永3年(1706)に亡くなってしまいます。雲心寺にある二人の供養塔は、宝永3年(1706)以後に同時に建てられたもので、石室の中の副葬品も似通っています。この染付碗もほぼ同形同大のものが、両者の石室に入れられていました。華美なものではありませんが、丁寧につくられています。

もっと知りタイ

関連する文化財

前のページに戻る

Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.