直方市の文化財

香炉

こうろ

拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
画像クリックで拡大表示されます。

さあ出かけよう!

基本情報

分野
考古資料・遺跡
所在地
福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
校区
直方西小
時代
江戸時代 中期
出土遺跡
雲心寺墓地遺跡
用途
仏具(副葬品)
その他
現在は展示していません

これナニ?

香炉は、角形をしており青銅製の本体には部分的に金箔で装飾されています。蓋には、獣形のつまみがついています。前室石室から出土した香炉も同様の形をしています。

ここがツボ!

四代藩主長清公は、元禄8年(1695)に正室を迎えますが、翌9年には亡くなってしまいます。そこで、亡くなった妻の妹(実は従姉妹)を正室に迎えますが、10年後の宝永3年(1706)に亡くなってしまいます。雲心寺にある二人の供養塔は、宝永3年(1706)以後に同時に建てられたもので、石室の中の副葬品も似通っています。

もっと知りタイ

関連する文化財

前のページに戻る

Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.