• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 青白磁合子
  • 直方市の文化財

    青白磁合子

    せいはくじ ごうす

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    福地小
    時代
    平安時代 後期
    出土遺跡
    惣用遺跡
    用途
    お香・化粧入れ(副葬品)
    その他
    現在は、展示していません

    これナニ?

    合子とは、身と蓋を持つ小さな容器のことで、この青白磁は中国製で口の直径2.8㎝、底の直径2.7㎝、高さ1.8㎝ありますが、蓋は欠損しています。これも、当時の高級品でした。

    ここがツボ!

    古代末~中世の有力者は、盛んに中国製の陶磁器を用いました。惣用1号墓からは、中国製の白磁碗2点、皿3点、青白磁合子2点、褐釉小壺1点がまとまって出土しており、有力者の墓とみられます。景徳鎮窯でつくられた蓮の花をかたどった合子は、通常蓋と身がセットですが、なぜか、このお墓では身だけが2点出土しています。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.