• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 高取焼擂鉢(1)
  • 直方市の文化財

    高取焼擂鉢(1)

    たかとりやき すりばち

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    上頓野小
    時代
    江戸時代 前期
    出土遺跡
    内ヶ磯窯跡
    釉薬
    素焼き
    その他
    直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

    これナニ?

    内ヶ磯窯跡から、多く出土している形のすり鉢です。このすり鉢は、7条で1組のすり目がつけられています。すり目のつけ方も、放射状、巴状、組み合わせたものなど様々あります。

    ここがツボ!

    すり鉢は、平底のものと高台がついているものに分けることができます。このすり鉢は口径30㎝前後、器高13.65㎝、底径13.0をはかり、平底で底部はタタキ成形、上は粘土紐を輪積みしています。胴部下半はケズリを施しています。擂鉢の焼き締めで有名な備前焼の擂鉢に近づけようと努力をしたあとがみられます。すり鉢などの日用雑器は、茶器などの高級品に比べると、胎土に砂粒や礫が多く含まれています。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.