• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 高取焼皿(1)
  • 直方市の文化財

    高取焼皿(1)

    たかとりやき さら

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    福地小
    時代
    江戸時代 前期
    出土遺跡
    永満寺宅間窯跡
    用途
    食膳具
    釉薬
    藁灰釉
    その他
    直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

    これナニ?

    口縁部が波状をしているのが特徴の皿で口の直径13.0㎝前後、高さ3.5㎝をはかります。高台の内側は兜巾造りといって中央がでっぱる作りになっています。

    ここがツボ!

    丸いお皿の口縁部の縁を波打つように折り曲げている、縁なぶりといわれるお皿です。底部から大きく開きながら立ち上がり、胴部もやや開きながら口縁部へ伸びます。底部以外には、藁灰釉といって藁・籾・草木の灰に長石を配合した、主に白色に発色する釉薬を掛けています。出土した製品では、ほとんどが風化して石灰化してしまっているものがほとんどです。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.