直方市の文化財

染付鉢

そめつけ はち

拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
画像クリックで拡大表示されます。

さあ出かけよう!

基本情報

分野
考古資料・遺跡
所在地
福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
校区
直方北小
時代
江戸時代 前期
出土遺跡
須崎町公園遺跡
用途
食膳具
その他
現在は展示していません

これナニ?

肥前産の染付鉢で、特徴的ななみなみ形の口の部分(輪花状の口縁部)をしています。呉須により外面には菊の花を模した模様、内面には菊の花、雲を模した模様をつけています。口の直径20.4㎝と大ぶりの鉢です。この中に何を入れていたのでしょうか?

ここがツボ!

朝鮮半島からつれてこられた陶工、李三平が江戸時代初期に、有田の泉山で陶石を発見したことから、日本でも磁器が焼かれるようになりました。当初は鍋島藩のみの特産品で、伊万里の港から積み出されたことから、「古伊万里」と呼ばれます。染付は、釉薬をかける前に呉須で文様や絵を描いたもので、主にコバルト色に発色します。この鉢は、現在でいう「どんぶり鉢」の形をしていますが、おそらく、丼でなく、たくさんの「おかず」を盛り付けるなどの用途に用いられたのでしょう。

もっと知りタイ

関連する文化財

前のページに戻る

Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.