直方市の文化財

石鏃(2)

せきぞく

拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
画像クリックで拡大表示されます。

さあ出かけよう!

基本情報

分野
考古資料・遺跡
所在地
福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
校区
感田小
時代
縄文時代
出土遺跡
感田野添・湯ノ浦遺跡
用途
狩猟
その他
現在は展示していません

これナニ?

黒曜石を使用してつくられていて、石は佐賀県の腰岳産と考えられます。現在、イオンモールがある場所から見つかっているため、その周辺には、獲物のイノシシが多くいたと考えられます。

ここがツボ!

長さ1.6㎝、幅1.5㎝、厚さ0.3㎝をはかります。完形の鍬形鏃で、脚部は逆台形上を呈し主軸に対して一直線をなしています。左右が対称ではなく、若干粗い作りとなっています。

もっと知りタイ

関連する文化財

前のページに戻る

Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.