• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 感田野添・湯ノ浦遺跡
  • 直方市の文化財

    感田野添・湯ノ浦遺跡

    がんだのぞえ ゆのうらいせき

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市湯野原2丁目(感田野添・湯ノ浦遺跡)
    校区
    感田小
    時代
    縄文時代
    遺構
    土坑、落とし穴
    遺物
    石鏃、剥片
    現況
    イオンモール直方
    その他
    現地は見学できません

    これナニ?

    現在のイオンモール直方がある場所にありました。約7,000年~1万年前に使われていた直方市内では最も古い時代に該当する遺跡です。短期間の間、ここで石器を製作し、狩りを行ったと考えられます。最初の直方市民がここに住んでいたかもしれません。

    ここがツボ!

    縄文時代早期の石器製作跡2基、落とし穴3基、土坑13基を調査しています。出土した石器は石鏃と剥片で、素材は黒曜石、水晶、チャートを使用していたようで、黒曜石は、佐賀県の腰岳産と推定されます。これらのことから、感田野添・湯ノ浦遺跡の縄文時代の遺構群は、当時の狩猟採集活動と密接な関わりがあったと考えられます。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.