• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 天神橋貝塚
  • 直方市の文化財

    天神橋貝塚

    てんじんばしかいづか

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市大字下新入(天神橋貝塚)
    校区
    新入小
    時代
    縄文時代
    遺物
    縄文土器、石斧、シジミ、カキ、動物骨装飾
    現況
    河川敷
    その他
    遺跡は見ることができません

    これナニ?

    貝塚とは、縄文人が食べた食べ物のゴミを捨てた場所です。天神橋の工事中に見つかり、橋の地下、約6mの場所にあります。見つかったモノの中には長さ10㎝クジラの歯でつくった首飾りがあります。

    ここがツボ!

    天神橋の橋脚部掘削中に発見された貝塚で、遺跡は広範囲にわたって残っていることが予想されます。見つかった遺物の中には、海水産、淡水産の貝が見つかっていて、すぐ近くまで海がきていたことがわかります。この他にも、イノシシや魚の骨、どんぐりやクルミの木の実などが見つかっています。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.