• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 染付碗(明代)
  • 直方市の文化財

    染付碗(明代)

    そめつけ わん みんだい

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    直方北小
    時代
    戦国時代
    出土遺跡
    須崎町公園遺跡
    用途
    食膳具
    その他
    直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

    これナニ?

    中国明代に中国南東部の景徳鎮付近で作られたと考えられます。口の直径は約17.6㎝で、底部は割れてなくなっています。外面には鳥、内面には花が赤絵と緑色により描かれています。

    ここがツボ!

    この陶片は、「呉須赤絵」と呼ばれる碗の破片で、色絵と呼ばれる技法で多彩な彩色が施されているのが特徴です。江戸時代前期のもので、円徳寺に面した水路から出土しました。当時の寺院には、茶の湯などの文化を大切にする気風があったようです。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.