• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 白磁碗(李朝)
  • 直方市の文化財

    白磁碗(李朝)

    はくじ わん りちょう

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    直方北小
    時代
    戦国時代
    出土遺跡
    須崎町公園遺跡
    用途
    食膳具
    その他
    直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

    これナニ?

    朝鮮半島で作られた白磁碗で、口の直径12.4㎝、高さ7.5㎝をはかり、整った形をしています。李朝は磁器や陶器などを非常に高い技術で作り、輸出していました。高台には、陶器を焼いたときに他の焼物とくっつかないように砂をおいた砂敷の跡が残っています。

    ここがツボ!

    李朝の陶磁器は、戦国武将が愛好した陶器のひとつで、朝倉氏の一乗谷遺跡や、北条氏の八王子城跡などで出土しています。この碗は直径に比べて器高が高いもので、見込みに浅い段を設けています。16世紀末~17世紀初頭のもので、円徳寺に面した水路から出土しました。僧が使っていた茶器なのかも知れません。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.