• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 黒檀造 菓子盆 銘々皿
  • 直方市の文化財

    黒檀造 菓子盆 銘々皿

    こくたんづくり かしぼん めいめいざら

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    美術館関係 木工芸
    所在地
    直方谷尾美術館
    校区
    直方南小
    時代
    昭和時代
    作者
    河野行宏
    その他
    黒檀

    これナニ?

    1962年福岡県直方市に生まれる。1980年父、孝弘の工房で学ぶ。1992年第39回日本伝統工芸展初出品入選。(2016年まで24回入選)1993年第28回西部工芸展 初出品入選。(2017年まで25回入選)1994年第29回西部伝統工芸展最高賞受賞。(1995,2012年)1996年第4回淡交ビエンナーレ茶道美術展 入選、日本工芸会正会員認定。1997年人間国宝、川北良造先生の伝承者養成研修会参加。2011年福岡市美術展審査委員。2015年直方市文化賞受賞。2017年日本工芸会西部支部常任幹事。

    ここがツボ!

    作家は、黒柿や黒檀、トチなど木目の美しい銘木を選ぶという。作品の大きさに合わせて切り取る「木取り」や、おおまかな形に削る「粗ぐり」の工程を経て、木が大きく変形しなくなるまで十分に乾燥させる。ここまでで何年もかかる。難しいのは、どのように木目が出るかを予測すること。樹齢数百年という木になると、表面に見える木目だけを頼りに削ってもうまくいかない。木の内部の動きも読み取らなければならないそうだ。
    得意とするのは、ろくろを使った作品。ただ、材料をろくろに取り付けたら、その日のうちに削り終えなければならない。木は湿度などで微妙に動いているため、じっくりと考える時間はない。失敗すればそれまでの苦労も、いや、何百年かかって育った木の歴史さえも水泡に帰す。それだけに、作業には神経を使う。削って現れた木目に合わせて、デザインを変更することもある。木の美しさや魅力を最大限まで生かすために、何百年という歴史を重ねた木との対話を重ねる。「対話が難しい。自分の欲求ばかり木の中に求めても、木は答えてくれないから」あらゆるものを安く簡単に手に入れることができ、ものを修理しながら長く使うことは少なくなった。そんな時代だからこそ、河野さんのような仕事は重要性を増す。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.