• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • てつゆうさいたんかくみさら
  • 直方市の文化財

    てつゆうさいたんかくみさら

    鉄釉彩炭化組皿

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    美術館関係 陶器
    所在地
    直方谷尾美術館
    校区
    直方南小
    時代
    昭和時代
    作者
    吉田浩通
    その他
    陶器

    これナニ?

    1937年 福岡県北九州市若松区二島唐戸に生まれる。1957年 吉田製鉄所勤務。1969年 福岡県展初入選。1972年 西部工芸展 朝日新聞社銅賞。1977年 福岡県展 県知事賞。1979年 福岡県展 福岡県美術協会賞。2001年 福岡県展入賞。2002年 日本工芸会西部支部展入賞。2003年 福岡県美術協会正会員 筑豊美術協会工芸部理事、日本陶磁協会筑豊支部理事、日本工芸会正会員。

    ここがツボ!

    もともと鉄工所に通勤していたという吉田が、やきもの に魅せられたのは30歳のとき。知人が所蔵する中国の天目茶腕をみたのがきっかけでした。
    師はおらず、ろくろから窯まで自分でつくり、遠賀川か ら出土した須恵器の陶片を手がかりに、これまでずっと試行錯誤でやってきたといいます。 「追い求めるのは、最初に魅せられた天目茶碗。」気負うこ となく、独自のスタイルを貫き通しされた作品は、見る者を圧倒します。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.