• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 常照皇寺の九重桜
  • 直方市の文化財

    常照皇寺の九重桜

    じょうしょうこうじのここのえざくら

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    美術工芸品
    所在地
    直方谷尾美術館
    校区
    直方南小
    時代
    昭和時代
    作者
    中島千波
    その他
    紙本彩色

    これナニ?

    1945年 長野県神高井郡小布施町に生まれる。1969年東京藝術大学卒業。 院展に初出品、入選。1971年東京藝術大学美術学部助教授に就任。1979年山種美術館賞展、優秀賞。中島千波、林修、松本功展(以後毎年)             1984年グループ`〃横の会〃結成。(~93年)1985年日本画裸婦大賞展 大賞。1989年 ユーロパニア1989ジャパン現代日本画展。1994年東京芸術大学美術学部助教授に就任。東京芸術大学美術学部デザイン科教授就任。 2005年還暦記念開催(日本橋高島屋、横浜、京都おぶせミュージアム他)  

    ここがツボ!

    中島千波は、桜の名手としても知られています。桜は、出会いや別れなど、多くの人々が節目を迎える季節に華やかに咲き、はかなく散っていくその美しさは、花を見る人の経験や思い出と共に増していくようにも思えます。日本の春を代表するこの花は不思議と心を揺さぶります。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.