• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 石炭由来化学製品
  • 直方市の文化財

    石炭由来化学製品

    せきたんゆらいかがくせいひん

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    石炭関係
    所在地
    福岡県直方市直方692-4(石炭記念館)
    校区
    直方西小
    時代
    昭和時代
    その他
    石炭記念館科学館にて展示中

    これナニ?

    石炭は、そのものを燃焼させて使用するだけでなく、コークス(石炭の蒸し焼き)、コールタール、スチロール樹脂など様々な製品がつくられます。
    近年では、環境を汚さないクリーンコールエネルギーとして石炭が再注目されています。

    ここがツボ!

    石炭と鉄は切っても切り離せません。鉄は、コークス、鉄鉱石、石灰石を溶鉱炉で溶かしつくられるため、コークスは製鉄に絶対必要なのです。鉄がなければ、車や船など鉄を使う製品はつくれません。コークスは、石炭を蒸し焼きにしつくられますが、コークスをつくる際には、石炭ガスが発生し、またコールタールが回収されます。これらのガスやコールタールをもとにしてカーボンブラック、ナフタリン、合成繊維など数千種に及ぶ化学製品がつくられます。その製品の中にはナイロンやプラスチックなど、生活になくてはならないものが多く存在します。つまり、石炭は燃料としての大きな役割を終えた今でも、私たちの生活に密着しているのです。

    もっと知りタイ

    関連する文化財


    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.