直方市の文化財

染付蓋

そめつけ ふた

拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
画像クリックで拡大表示されます。

さあ出かけよう!

基本情報

分野
考古資料・遺跡
所在地
福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
校区
直方北小
時代
江戸時代 後期
出土遺跡
圓徳寺遺跡
用途
食膳具
その他
現在は展示していません

これナニ?

肥前系の染付蓋で、鉢の蓋になります。口の直径11.8㎝、高さ2.6㎝、外面天井部に呉須で青海波文(半円がいくつも重なった模様)、花の模様を3箇所につけ、体部には、渦文をぐるっと一周巡らせています。呉須が非常にきれいな染付です。

ここがツボ!

江戸時代末期に流行した「段重」と呼ばれる鉢の蓋です。高さ3cmほどの鉢をいくつか重ねて、さまざまな「おかず」を入れることができます。「段重」は今も生産され、生活の中に生きています。

もっと知りタイ

関連する文化財

前のページに戻る

Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.