• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 植木平遺跡
  • 直方市の文化財

    植木平遺跡

    うえきたいらいせき

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市大字植木(植木平遺跡)
    校区
    植木小
    時代
    平安時代~鎌倉時代
    性格
    集落
    遺構
    掘立柱建物、柵列、土坑、溝
    遺物
    土師器、青磁、白磁、瓦器、フイゴ羽口等
    現況
    道路
    その他
    遺跡は見学できません

    これナニ?

    4.5m×10.6mの大きな掘立柱建物が見つかっています。この建物は、権力を持った人の住居の可能性があり、中世この地にあった植木荘という荘園と大きく関連すると考えられます。

    ここがツボ!

    掘立柱建物跡5棟、柵列2箇所、炉跡状遺構4基、溝8条等を検出しており、大型の建物跡は、面積約48平方メートルもあります。梁行2間×桁行5間ある大型建物跡と柵列は平行しており、柵で囲まれた中に大型の建物が存在していたと思われます。ここに、在地領主が居住していたのでしょう。また、炉跡状遺構やフイゴの羽口、鉄滓等、鍛冶を行っていた跡が見つかっています。荘園の開発には水田の開墾や建物建設等が必要なため、農耕具や鉄製工具の生産や修理をおこなったと考えられます。以上のことから、当遺跡は植木荘開発の中心地の一つであったことは確実でしょう。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.