• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 石炭標本
  • 直方市の文化財

    石炭標本

    せきたんひょうほん

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    石炭関係
    所在地
    福岡県直方市直方692-4(石炭記念館)
    校区
    直方西小
    時代
    昭和時代
    その他
    石炭記念館新館・科学館にて展示中

    これナニ?

    大きな石炭の塊は、縦1.1m、幅2.0m、高さ75㎝、重さ約2tもあるもので、現在、見ることのできる石炭塊としては、日本最大級です。これは、飯塚市にあった嘉穂炭鉱から掘り出されたもので、お風呂の燃料にすると、4人家族が約1年間使用できるほどの大きさです。

    ここがツボ!

    小さい石炭塊の標本は、大領炭田(山口県美祢市)から掘り出されたもの(手前右)、桜ヶ丘露頭坑(北海道美唄市)から削り出されたもの(手前右)、北海道美唄市にある炭鉱から採取されたもの(奥)です。
    これらの標本は、日本各地の炭鉱から展示のために寄贈していただいたもので、石炭記念館には、あと数点の石炭塊が展示されています。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.