• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 子持勾玉
  • 直方市の文化財

    子持勾玉

    こもちまがたま

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市津田町7-20(直方市中央公民館)
    校区
    感田小
    時代
    古墳時代
    出土遺跡
    感田栗林横穴墓群
    用途
    副葬品
    その他
    直方市中央公民館2階郷土資料室で展示中

    これナニ?

    通常の勾玉の周囲に小さな勾玉をたくさんつけた、大型の勾玉です。主にお祭りに用いられたものとみられます。滑石という加工のしやすい石でつくられています。

    ここがツボ!

    感田栗林横穴墓群の10~13号横穴墓の墓道から出土しました。この墓道では古墳時代中期末頃の須恵器片も出土しており、墓道の上にあった横穴墓以前の祭祀遺構から落ち込んだものとみられます。この子持勾玉は滑石製です。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.