• ホーム >
  • 文化財を探す>
  • 下境向峯遺跡
  • 直方市の文化財

    下境向峯遺跡

    しもざかいむかいみねいせき

    拡大機能:画像上でのマウススクロールで、四角枠の部分が拡大縮小されます。
    画像クリックで拡大表示されます。

    さあ出かけよう!

    基本情報

    分野
    考古資料・遺跡
    所在地
    福岡県直方市大字下境(下境向峯遺跡)
    校区
    下境小
    時代
    弥生時代 前期~中期
    性格
    集落
    遺構
    掘立柱建物、貯蔵穴、土坑
    遺物
    弥生土器、石斧、石鏃
    現況
    直方第一中学校プール
    その他
    遺跡は見学できません

    これナニ?

    直方第一中学校内にある遺跡で、貯蔵穴から大量の土器が出土しています。これらの大量の土器は、捨てられた土器で一緒に獣骨等も捨てられていました。昔はこのあたりにもイノシシが住んでいたのでしょうか?

    ここがツボ!

    掘立柱建物跡2棟、貯蔵穴5基、土坑6基が見つかっています。竪穴建物は検出されていませんが、出土遺物量が非常に多いことから、集落遺跡であることは疑いようがなく、竪穴建物は調査区外に存在していることでしょう。出土した石器の石材等から、飯塚市立岩遺跡産と思われる石庖丁や北九州市金剛山遺跡群産の石器が供給されていたと考えられます。下境台地上には、近隣でも弥生時代の遺跡が発掘調査されており、台地全域に弥生時代集落が広がっていた可能性があります。

    もっと知りタイ

    関連する文化財

    関連する文化財は見つかりませんでした

    前のページに戻る

    Copyright © 2017 City of Nogata. All rights reserved.